So-net無料ブログ作成

二代目もツンドラ

ぼんじょるの~、makoccinoです

ここ数日異常な暑さが続いていますが

草刈りの時期を迎えた河川敷の土手を

シクロクロスで疾走(気分だけ)しています

最近は、今までの練習コースよりも

10~30km距離を伸ばして

様々なシチュエーションを楽しんでいます

cx6d.JPG

ディスクのバイクに乗り替えて

カンチのバイクに違和感を覚えていた

それはサドル

デザインは違うもののどちらのバイクのサドルも

フィジークのツンドラM3

しかしカンチバイクのサドルの方が

しなやかに沈み込み乗り心地がソフト

初めからこうでは無かった筈だけど

いつから柔らかくなったのだろうか?

乗り込んでシェルがヘタってきたのかと思ってた

ディスクにシフトしてあまり乗らなくなってしまったので

さほど気にはしていなかったのだけど

先日、カンチバイクのメンテをしながら

サドルの裏をのぞき込むと

サドルのシェル(ボディー)が割れていた

TundraM3_LI.jpg

(赤丸部分)

道理で座ると沈む訳だわ

早速、サドル探しの旅に・・・

と言っても乗りなれたモノが良いので

同じフィジークのツンドラM3

ホワイトカラーのデザインは生産終了なので

ブラック/グレーに

ついでにバーテープもオレンジからブラックへ

cx6c.JPG

(近所のラグビー場にて)

これでディスクバイクと同じ仕様になった訳だけど

やっぱりニューモデルはシェルが硬い

今までモヤモヤしながら乗っていたのもあるけど

普通に体重を掛けられる安心感、これって大事だね

この日は普段の距離の倍走ってヘロヘロでヘラヘラでした

家ではサドルとバーテープが黒くなって

「速そうに見えるね~」と嫌味を言われています




nice!(14)  コメント(0)