So-net無料ブログ作成

早速チューブレスタイヤか?

ぼんじょるの~、makoccinoです

あと一月もすると、桜が開花したとかしないとか

もう2月も終わりです、ホントに早い

先々週の3連休初日

小雪の混じる中、ホイール入荷で

完全に完成したシクロクロスバイクで走り出す

チェックは足回りのフィーリング

最高気温は1℃

走り出した瞬間から「あれっ?硬い?」

路面の凹凸がダイレクトにお尻に伝わってくる

「あー、これってホイールのせいだろうか?」

河川敷のいつものコースのどこを走っても

下からの突き上げが強い

おまけに路面抵抗がかなり高く足の疲れが激しい

ヤバい、足回りの選択に失敗か?

チャレンジのグリフォを外し

翌日いつものパナのクリンチャータイヤを付け

再チャレンジ!!

「う~ん、昨日よりは良いけど未だ硬いかな~?」

結局ハッキリわからないままタイヤを戻し

空気圧を落として再確認・・・のつもりが

このチャレンジのグリフォ(オープンチューブラー)

とにかくホイールに嵌めづらい

連休3日目の朝、3時間近くタイヤと格闘

新品のチューブはレバーやリム噛みで3本オシャカ

結局、タイヤも嵌められず手はマメだらけ

かなりテンションガタ落ちで自転車に乗る気も失せ

何も解決しないまま翌週の休みに持ち越し

休み前に、IRCのシラクCXチューブレスタイヤを

お取り寄せしておいた

icc.JPG

空気圧は4ber 、チューブレスのタイヤ上げも苦戦せずに装着完了

走り出すと、またまた感覚が違うっ

見違えるほどしなやか

どんな路面も危なげなく走り

一瞬このままチューブレスで行ってしまおうかと思う

舗装の路面も高速で走る事が出来て

このタイヤオールラウンドにこなせ一発で好きになってしまった

しかしグリフォの装着をせずに終わって良いものか?

結局、ショップに持ち込み店長のレクチャーを受け

元の形に収まるが、パンク修理でタイヤを嵌める自信がない

暫く履いていたらタイヤは馴染んで脱着しやすくなるとの事

万が一を考えパナのクリンチャーを一本バックポケットに入れ

icr.JPG

グラベルロードへGo!

それがまた、最初と同じ条件の筈なのに

今回はめっちゃイイ感じ

シラク(32c)と同じようにとてもしなやか

しかもタイヤが33cと少しだけ太いので

多少荒れた路面でもヘッチャラ

高速走行も抜群!!

先々週のは一体何だったんだろう?全く謎?

お店で実際に説明を聞きながらタイヤ装着を

見る事が出来たのが、収穫だった

取り留めなく書いてしまったけど

タイヤをとっかえひっかえしアレコレ悩んだ結果

元に戻ったという2週間でした



nice!(15)  コメント(2) 

nice! 15

コメント 2

tsun

MTBはもちろん、ロードもチューブレスです。
ただ、ロードのチューブレスは脱着に苦労しますね。
by tsun (2019-02-26 09:45) 

makoccino

tsunさん

今のロードは2012年モデルですがホイールはチューブレスホイールです。ただ、クリンチャーに慣れすぎていて全く今までチューブレスにする気になれませんでした。
シクロに乗り始めてそちらの方向に向き始めています。
やはりロードチューブレスはは苦労するんですね。
by makoccino (2019-02-26 20:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。