So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

早速チューブレスタイヤか?

ぼんじょるの~、makoccinoです

あと一月もすると、桜が開花したとかしないとか

もう2月も終わりです、ホントに早い

先々週の3連休初日

小雪の混じる中、ホイール入荷で

完全に完成したシクロクロスバイクで走り出す

チェックは足回りのフィーリング

最高気温は1℃

走り出した瞬間から「あれっ?硬い?」

路面の凹凸がダイレクトにお尻に伝わってくる

「あー、これってホイールのせいだろうか?」

河川敷のいつものコースのどこを走っても

下からの突き上げが強い

おまけに路面抵抗がかなり高く足の疲れが激しい

ヤバい、足回りの選択に失敗か?

チャレンジのグリフォを外し

翌日いつものパナのクリンチャータイヤを付け

再チャレンジ!!

「う~ん、昨日よりは良いけど未だ硬いかな~?」

結局ハッキリわからないままタイヤを戻し

空気圧を落として再確認・・・のつもりが

このチャレンジのグリフォ(オープンチューブラー)

とにかくホイールに嵌めづらい

連休3日目の朝、3時間近くタイヤと格闘

新品のチューブはレバーやリム噛みで3本オシャカ

結局、タイヤも嵌められず手はマメだらけ

かなりテンションガタ落ちで自転車に乗る気も失せ

何も解決しないまま翌週の休みに持ち越し

休み前に、IRCのシラクCXチューブレスタイヤを

お取り寄せしておいた

icc.JPG

空気圧は4ber 、チューブレスのタイヤ上げも苦戦せずに装着完了

走り出すと、またまた感覚が違うっ

見違えるほどしなやか

どんな路面も危なげなく走り

一瞬このままチューブレスで行ってしまおうかと思う

舗装の路面も高速で走る事が出来て

このタイヤオールラウンドにこなせ一発で好きになってしまった

しかしグリフォの装着をせずに終わって良いものか?

結局、ショップに持ち込み店長のレクチャーを受け

元の形に収まるが、パンク修理でタイヤを嵌める自信がない

暫く履いていたらタイヤは馴染んで脱着しやすくなるとの事

万が一を考えパナのクリンチャーを一本バックポケットに入れ

icr.JPG

グラベルロードへGo!

それがまた、最初と同じ条件の筈なのに

今回はめっちゃイイ感じ

シラク(32c)と同じようにとてもしなやか

しかもタイヤが33cと少しだけ太いので

多少荒れた路面でもヘッチャラ

高速走行も抜群!!

先々週のは一体何だったんだろう?全く謎?

お店で実際に説明を聞きながらタイヤ装着を

見る事が出来たのが、収穫だった

取り留めなく書いてしまったけど

タイヤをとっかえひっかえしアレコレ悩んだ結果

元に戻ったという2週間でした



nice!(13)  コメント(2) 

今更ながら

ぼんじょるの~、makoccinoです

もう2月です

立春には各地で春一番が吹いたりと

早くも春の気配が・・・

今年は例年になく春の訪れが早い気がします

hmg.JPG

毎年恒例になっている「花美蔵 初しぼり 蔵出し」

この原酒、少し発泡していて口当たりが良すぎ

ついつい飲みすぎてしまうので自制心が必要

そして今更ではありますが

去年1月にオーダーをかけていたシクロクロスバイク

3月にはリムを除き揃っていながら未完成だったものが

今月に漸くリムが入荷し2日前に完成、長かった~

それまでの間はショップのリムを借りていたのだけど

なんかスッキリしないまま1年以上過ごしてきました

去年はケガに泣かされた年でした

肋骨を骨折したり尾てい骨を痛めたり

前橋のレース前の週にはシクロ練習で

先週までは無かった縁石が突然現れて

アッと思う間もなく乗り上げ背中から落車!!

(1週間の間に真新しい縁石が設置されてた)

肩を痛め今月に入り4カ月たって痛みが無くなり

今年に入り年明け早々に職場でインフルエンザをうつされ

久々に40℃の大台に乗っかり

出走予定の湘南シクロクロスを敢え無く断念

去年に引き続きインフルでレース欠場なんて全く・・・

今年は体調管理そしてケガに気を付けながら

自転車活動をしていこう思います

そしてそして完成したシクロバイク

c-1.JPG

先代のカンチブレーキ仕様と大体一緒なのだけど

ディスクブレーキになり

c-2.JPG

ブレーキレバーを油圧のそして初のDURA-ACE

c-3.JPG

DSC04282.JPG

ディスクローターはシマノ

中心の黒い部分はアルミの放熱板

クランクとBBはプラクシスワークス

c-4.JPG

問題のホイールはマビックのオールロードプロUSTディスク

c-5.JPG

グラベル系のリムでスポークがゴツイ

タイヤはチャレンジのグリフォ33オープンチューブラー

c-6.JPG

チューブはパナのR-AIR

チューブレスリムなんだけど未だクリンチャーにしがみ付いてる

ディレーラーはアルテグラ

メカはDURA-ACEとアルテグラの違いは重量

性能の違いは自分には分からない

それよりもコントロールレバーをDURA-ACEにした事で

アルテグラの操作性より格段に良い

特にシフトチェンジはカチッカチッと気持ちよく切り替わる

アルテグラの時はちょっとモッタリする感じだった

リムを変えてからは未だ1mも乗っていないので

今週末に完成したバイクの乗り心地を堪能しようかと・・・

最近目先の事で手一杯だったので今週末が

3連休だと言う事に今日気付いた始末



nice!(18)  コメント(4) 

森と湖の光の祭り

ぼんじょるの~、makoccinoです

またまた「メッツァ」ネタです

来年の3月までチームラボのアートプロジェクト

「森と湖の光の祭り」と銘打って宮沢湖がライトアップ

tl1.JPG

夜の宮沢湖?そんな肝試し的な事は、まず考えられなかったのに

変われば変わるもんでこんな湖畔にかなりの人出

音と光によるアートで昼間とは全く違う世界を創っていました

tl2.JPG

tl3.JPG

タマゴを触ると周りのタマゴに連鎖して光が変わるのです

tl4.JPG

miyazawa1-1.JPG


何年か前はクロカン車で湖畔のコースを走ったりしていたのに

これはこれでアリ




nice!(18)  コメント(0) 

裏山を抜けると、そこは北欧だった

ぼんじょるの~、makoccinoです

久々に自転車活動をしない週末

2週間前にオープンしたテーマパーク

「メッツァ・ヴィレッジ」に行ってきました

ヘラブナ釣りやワカサギ釣りで有名だった宮沢湖

それがこの11月初めに大改修の末

北欧をイメージしたテーマパークに大変身

飛び切りのハイキング日和の昨日

午後時間が空いたので、カミさんと散歩がてら遊びに行く事に

mv1.JPG

裏山の林道30分程、ゆっくり歩くと

mv2.JPG

午後の日差しが木々の間から差し込んで気持ち良いのだmv3.JPG

そして林道を抜けると目の前には変わり果てた見違えるほど

キレイになった宮沢湖

その周りにはフードコートやギフトショップ

mv4.JPG

mv5.JPG

名栗のカヌー工房のカナディアンカヌーが湖面に浮いています

mv7.JPG

mv6.JPG

お目当てはここで飲めるクラフトビールとおつまみ

mv8.JPG

売店で受け取った食材を真ん中にあるグリルで焼いています

mv9.JPG

ま、ウチらは焼き時間にビールが何杯あっても足りないので

アンチョビソースの絡まったフライドポテトとクラフトビールで乾杯

飲みに入ってしまい写真は無し

mv10.JPG

足元にはウッドチップが敷き詰めてあり

足元も暖かさを感じます

12月からはチームラボによる湖畔のライトアップもあるようで

夜に見に来るのも良いかも

さすがに林道は足元が暗く無理だけどね

そして来年春には対岸にムーミンの世界をイメージした

「ムーミンバレーパーク」がオープン

裏山が北欧フィンランドになる日も近い

しかし、一つ気になることが・・・

自分が中学の時はこの宮沢湖の湖畔を走る

マラソン大会があったんだけど

今後、ここを大会コースに出来るわけもなく

どこで走るのか?その事が少し気がかりです


nice!(13)  コメント(0) 

身に覚えのない傷

ぼんじょるの~、makoccinoです

シクロクロスレースから三日が経ち

筋肉痛も徐々に和らぎつつある今日この頃

レース当日、試走と本番でコケた傷が

カサブタになりそこの痛みはなくなってきた

翌日の月曜には左肩に擦り傷が見つかり

今朝は右足の内側に広範囲にアザが・・・

全く覚えてない・・・?

44081542_1862240360541030_2548763078120439808_n (2).jpg

苦しそうな顔してるね~


nice!(26)  コメント(2) 

2018前橋シクロクロス第1戦参戦!!

ぼんじょるの~、makoccinoです

暫くぶりの更新、元気にしておりました

シクロを始めて恒例の様になってきた

前橋シクロクロス、14日(日)行ってきました

朝5時、自宅を出る時は土砂降りの雨

今回も雨のレースになるのを覚悟で

関越道を前橋に向け飛ばします

前日にフロントガラスに塗り込んだガラコが

気持ちイイほど雨粒をはじきます

埼玉から群馬県に入り少しづつ雨足が弱まり

現地に近くなると路面が乾いてる

現地に付くと完全なドライコンディション

少し拍子抜けしながらも早速コースを試走

相変わらずですコケるのは

ギャップや砂にタイヤを取られ簡単に転倒

カテゴリーM3での出走でしたが

これも相変わらずの低い順位

ま、父兄の運動会的なノリで出てるので

楽しめれば良いかと思うのだが、キツクテツラいのが現状

mcx1.JPG

今回はディスクブレーキ仕様で参戦

思ったことは混戦での危険回避にクイックに反応してくれて

悪天候の助っ人にと思っていたけど

それ以上の収穫がありました

でもでも、まだバイクは完成しておらず

ショップ店長のホイールを借りてま~す

そしてそしてシクロクロスのメインでもある

カテゴリー1(C 1)ではウチのチームcycleclub 3UP. が

ワンツーフィニッシュ(1位店長、2位 Nさん)

mcx2.JPG

すんばらしい!!!

週末のシクロツーリングではこんな人たちと

一緒に走っているのに一向に早くならない自分て一体???



nice!(9)  コメント(0) 

チェーンキーパー

ぼんじょるの~、makoccinoです

自作シリーズ第?弾!!

今回はチェーンキーパー

シクロに乗るようになってから悪条件の中でのライドで

(駆動系の汚れ、特に泥・砂・水・草等々)

チェーン、スプロケット、プーリーなど

クリーニング回数が極端に増えた

メンテナンススタンドが無いので

リアスタンドを付けてリアホイールを履いたまま

駆動系洗浄をしていたので

チェーンの汚れが回りまわってスプロケに付いたりと

完全にクリーンと言うわけではなく

その状態でツーリングに行って洗浄、またツーリング

そして汚れが堆積していく、そんな状況だった

そこで作った「チェーンキーパー」

ck1.JPG

リアホイールを外すチェーンがダラリ

それを、このチェーンキーパーでチェーンテンションを張り

駆動系のメンテをしようって訳

既存のクイックを使用しフレームや塗装も傷付けづらい

POM(ポリオキシメチレン)、(ジュラコンとも言います)で製作

軸の部分とチェーンを受ける部分

そしてリアエンド幅130mmと135mmに対応のアダプターも製作

装着はこんな感じ

ck4.JPG

ロードバイクでもオッケー

ck3.JPG

これからのメンテで使えそうです

片持ちタイプも設計したのですがリアスタンド使用を

考えていたのでこんな形に

今後、片持ちタイプも作っていこうと思います


nice!(34)  コメント(2) 

そっと更新

ぼんじょるの~、makoccinoです

5カ月以上ほったらかしてしまった

特に何があった訳ではないけど

出かける時にデジカメを持たなくなってしまった事が原因か?

bac.JPG

今回はスマホで撮りました

ニューバイクです

ホイールは、まだ入荷しておらず

ショップ店長のホイールを借りてます

悪天候時の課題だったカンチブレーキの

問題解消のため初のディスクブレーキ!!

油圧ディスク最高です!!
nice!(23)  コメント(2) 

泥試合

ぼんじょるの~、makoccinoです

昨日、15日(日)

前橋シクロクロス第1戦に参戦して来ました

今シーズン初のレース

前回は実力別カテゴリーの「C4」での参戦でしたが

今シーズンは40代以上のクラス「CМ3」での出場

mcx.JPG

土砂降りの中でのレース、正に泥試合
nice!(32)  コメント(2) 

再び夏日!!

ぼんじょるの~、makoccinoです

肌寒くってストーブにはまだ早く

エアコンで暖房オンにしたと思ったら

今度は残暑の様な暑さで冷房に切り替え

もー、早いとこ寒くなってもらえないだろうか?

ココに来て20年ぶり位にお目にかかった

「オゼノユキドケ」

ozy.JPG

1990年代規制緩和で地ビールブーム?が起こったころに

よく飲んでいた群馬県館林の瀧神酒造の地ビール

久々に頂きましたが相変わらずの味で当時にタイムスリップ

*     *     *     *     *

天気が良く暑いと言っても

合間合間に雨が良く降っている

シクロクロスバイクの散歩でも

舗装以外の裏道や河川敷に入ると

水溜まりや泥濘が残っていて

気を抜いて走っていると目の前に現れ

アッ!!と言う間に泥を被る

もうそうなったらチョットの泥ハネなんか気にならなくなり

バシャバシャと積極的に飛び込んで行く感じ

ds1.JPG

するとバイクは自ずとドロダラーケに

ds2.JPG

ds3.JPG

写真では分かり辛いけど泥ハネが積もって石灰化してます

シクロクロスバイクで走行中に路面変化で

ハンドルから手がすっぽ抜けたり

ブレーキレバーから指が滑って外れたり

操作が未熟だからなのか、たまにヒヤッとする経験があります

そんな中、サイクルスポーツ10月号に掲載されていた

「OTION ブレーキ&シフターレバーグリップ」

oto.JPG

名前の通りこれをブレーキレバーとシフターレバーに貼る

ヤモリの皮膚の様な触感の所謂滑り止めシート

ot1.JPG

ot2.JPG

シマノレバーやスラムなどそれぞれのレバー形状に合うシートがある

指のすっぽ抜けが無くなればと購入

実際に貼り付けて走行してみた

触った感覚は少しザラっとしてヤモリを触っている感覚

ブラケットを握り標準ポジションでは

シートの最上部が人差し指に触っている

中指から小指までの指がレバー脇まで伸びている2か所の

張り出し部分に触れている

変速でグイっと指全体で操作せずに

指先でシートの滑り止めを利用し変速できる

下ハンを握った時は、その性能が顕著に表れ

指をレバーに掛けただけで滑って外れる気がしない

シフトアップもダウンも全く造作なく出来る

雨の中での操作確認が出来ないけど

恐らくウエットでも問題なく安心して

レバーを握る事が出来るのではないかと思う

雨天での走行はあまり気が乗らないけど

滑り止め効果をフルに発揮できる時が来るかも



nice!(28)  コメント(2) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。