So-net無料ブログ作成

前橋シクロクロス第2戦

ぼんじょるの~、makoccinoです

去年の6月にシクロクロスバイクに乗り始め

半年ちょっと経過しレースデビュー

お店のシクロクロスツーリングでレクチャーを受け

「レースに出てみたら?」の後押しもあり

会場も近い前橋の会場を選択

会場の開場が午前6時

コースの試走は6時から8時の2時間

午前5時に自宅を出発し現地に6時15分ごろ到着

薄っすら明るくなってきてはいるけど

駐車場の車もまだ少ない

現地集合のショップの参加メンバーも未だみたい

気温は氷点下かそれに近い

何んせ群馬の空っ風が吹いてるんだもん

赤城、尾瀬、谷川の山は勿論、雪山

寒さに耐えサイクルジャージ(長袖)に着替え

一人抜け駆けしコースの試走に向かう

7時近くになり辺りも明るくなってコースが見えてきた

朝から気合が入りまくっている選手たちは

かなり飛ばして走ってる

試走とはいえ初めて入るシクロクロスコース

とにかくコースレイアウトを頭に入れようとゆっくり走る

コースは朝の冷えで硬く締まっている

スタートの直線後の砂エリアからの降車後の階段

mc3.JPG

mc4.JPG

土手上を走り落差のある左カーブ

mc9.JPG

mc10.JPG

芝エリアの連続スラロームの先は

おっと、ここで転倒!!

前輪を悪路に取られ頭を強打

後続の選手の邪魔にならないよう起き上がりコースに復帰

チョット頭痛い

メインのエリアはBMXの常設コースを利用し

大小織り交ぜたウエーブ

mc1.JPG

mc7.JPG

ウエーブの初めは小高い丘越え

そこから速度に乗ってウエーブを越えていく

mc5.JPG

ここのBMXコース結構好きかも

その後BMXコースを離脱すると隣の駐車場として使っているエリアへ

重機が入っている様で轍が邪魔してサドルに乗っていると

体力を消耗してしまうので腰を浮かして轍をクリア

そこからメインスタンドへ戻り一周終了、⒉3km

冬用のグローブなのに指先がもう痛い

寒さに耐えながら3周の試走を終え朝ご飯を食べに車へ

そうこうしてるうちにショップの参加メンバーも到着し準備をし始める

mc2.JPG

ショップのクラブの参加者は今回13人、かなりの大所帯

受付を済ませ試走時間も終わり開会式

そしてレーススタート

クラス分けされておりクラブの参加者は殆ど午前中に集中

レースのメインであるC1(エリートクラス)が12時40分

そして私のレースはC4(初参加、初心者)は最終時間の2時台後半

それまではレース観戦と応援、先は長い

mc6.JPG

応援しながら選手のライディングやコース取り

乗って通過するか降りてパスした方が早いのか等々

mc8.JPG

写真を撮りながらコース全体を歩き回り確認

ショップのクラブの皆は店長を筆頭に上位に食い込み

普段のシクロクロスツーリングでのメンバーのレベルの高さに

改めて感心しながら後半の自分のレースに不安を感じ

あっという間に自分のクラス(カテゴリーC4)の時間

今回C4は参加者が多く130人を2つに分け60数名で出走

ゼッケン順に並んで行く、自分は120番台なので

ホントに最後尾スタート

まあ初参加ではあるものの何のシガラミもなく

順位も気にすることもなく怪我なく走れれば良いので

プレッシャーも感じずスタートを迎える

スタートの直後のストレートで前の集団が接触し
 
数名が転倒、思わず減速、目の前の危険を回避しとにかく走る

何人かに抜かれた後、前後の選手の入れ替わりもなく

前の選手を追いかけて淡々と走るが、苦しい!!

周りからは自分に声援が送られているのが分かるけど

声だけでコース外を見る余裕がない

とにかくミスをしないようにコーナーを曲がる

走行中レースの周回数が発表されC4は30分の時間に

4周走ることになるとアナウンスが入る

苦しい!2周目までは息を整えらえない

3周目にようやく前の選手を抜くポイントを考えたり

ライン取りで距離を縮めたりと少しだけ余裕が出てきた

レース中は何度か転倒したらしくウエアーはドロドロ

鼻水はダラダラ、口はカラカラ、靴には泥が詰まり

上手くビンディングに靴がハマらず余計に体力を使い

最終周に突入!

追いかけていた前の選手を最終コーナー手前で抜いて

ゴール前の直線は最後の力を振り絞り

それでもゴール前で後ろからの選手に抜かれ

アッと思いながらのゴール、ふぅ~

順位は勿論、後ろから数えた方が早い

まあ、完走できた事と怪我がなかった事

それが一番の目標だったのでこれで良しとする事に

それにしても周りのレベルが高いのか自分の体力が無さ過ぎるのか

予想はしてたけど現実にチョット落ち込む

風が強く寒い1日だった様だけどチョットした緊張感で

熱い1日だった

帰宅後は、お疲れのビールも旨いが回るのも早く

筋肉痛と転倒時の打撲痛で普段の自分の体でなくなり

半笑いで就寝

さあ、いつも以上に汚れたバイクをいつ掃除しようか・・・


nice!(24)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 24

コメント 6

tsun

レース経験と言えば、MTBゴールゴカップ2時間耐久と王滝SDA(42Km)の数戦しかありません。
そのゴールドカップは周回コースなんですが、最初の数週はなんだか訳も分らず、数週後にやっと回りが見えるようになった覚えがあります。
やっぱ緊張なんですよね。
これからのご活躍が楽しみです(笑)
by tsun (2017-01-26 11:16) 

makoccino

結局はどんな状況でも冷静に対処出来るか、なんでしょうか。
実は20年以上前にツールド嬬恋にエントリーした事があるのですが、その直前まで奄美の海抜0mで一月近く出張で、そこで仕事後にランニングなどしてレースに備えていたのですが、いきなり標高2000m近くに持ち上げられレース前日の練習走行で、酸欠になり当日は出場出来なかった記憶があります。
もう速さを競う事よりもレース全体を楽しもうと思ってます。
by makoccino (2017-01-26 21:33) 

まさごん

レースデビュー、おめでとうございました、
そしてお疲れ様でした。
ケガも無く無事で何よりですね。

翌日は仕事に行けましたか??
by まさごん (2017-01-28 18:59) 

chimamo

レースデビューおめでとうございます。
自分は自転車はツーリングだけなのですが、レースだと相当緊張するみたいですね〜。
お疲れ様でした(^^)
by chimamo (2017-01-28 19:47) 

makoccino

まさごんさん

身に覚えのないアザがあちこちにあります。
試走でコケた時の膝が未だに痛いです。
仕事は今週いっぱい流してました。
by makoccino (2017-01-28 22:36) 

makoccino

chimamoさん

ありがとうございます。
程よい緊張感だった様な気がします。
最終組だったので日の出前から待ちくたびれていたのと、
北風の寒さで早くスタートしないか、そっちの方が
強かったですね。

by makoccino (2017-01-28 22:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0